RSS
 

基準の違い

18 2月

交通事故の怪我は時に後遺症が残る怪我となる場合があります。

後遺症が残った場合というのは、損害賠償はかなり高額になりますが後遺症 自賠責だけで損害賠償を払うというのは基本的に難しいでしょう。

ですから任意保険などを使うことになりますが、任意保険会社も基本的に出し渋る傾向にあります。

そうなった場合被害者側は弁護士に依頼をして、裁判を行って来たりすることがあります。

もちろん被害者側からしたら、納得いかないわけですから当然のことですよね。

裁判基準と自賠責保険、任意保険の基準では金額に大きな開きがあり過ぎなのです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

休業しなくてはならない場合の収入

26 1月

個人事業主、自営業者など交通事故のせいで仕事を休まないといけない状況というのはかなり大変な状態になるのではないでしょうか。

体が資本なんて言葉もありますが、少数で行っている場合ほど予期せぬ休みというのは大損害になる場合があります。

そういうこともあって、休業損害 事業所得者の場合は事業の維持、存続の場合に必要な部分について認められる場合があります。

例えばお店を借りていれば営業していなくとも家賃などがかかってきます。

そう言った部分も損害として認められるわけです。

また、実際の収入に関しては確定申告などから算出されます。

 

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

交差点は要注意

19 12月

交通事故が一番多く発生する場所をご存知でしょうか。

一番多くの交通事故が発生するのは交差点になります。

それは信号が有る無しにかかわらず、もっとも交通事故が起こりやすいのです。

信号の変わり目などは要注意でもあります。

例えば柏 交通事故が多い交差点は国道16号の松ヶ崎交差点や国道6号の旭町5丁目などがあります。

こういったところでは運転も要注意だと言えるでしょう。

急ぐあまりに信号が赤に変わったのに停まらないなどもいますから、被害者にならないためにも確認することが非常に大事でもあります。

それは当然歩行者も注意したほうが良いでしょう。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

信じても大丈夫?

24 11月

今はネットで様々なことを調べることが出来るようになりましたね。

それもスマートフォンなどの普及も凄いですから、ネットに接続できる環境も身近になりましたよね。

交通事故で困ったりした場合も、様々な人が書いていますから、いろいろ見ることが出来ると思います。

交通事故 相互リンクなども増やして一層濃い情報を発信していたりもしますよね。

ただし、ネットの情報がすべて正しいわけではないことを憶えておくことも大事なことです。

中には道路交通法なども改正されたりしていますから、情報が古くなっていたりすることもありますし、そういった古い情報を信じてしまうと大変ですよね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

逸失利益 9級の計算

26 10月

交通事故で後遺症が残る被害に遭った場合というのは、後遺障害等級に認定されて、その等級によっておおよその損害賠償が算出されますが、例えば後遺障害 9級の場合は、慰謝料は裁判基準で690万円にもなり、逸失利益を算出するさいに使われる労働能力喪失率は、35%にもなります。

これは裁判をした場合にはこういった金額になってきますが、自賠責などの基準を見てみると慰謝料はわずか245万円にまで下がってしまいます。

保険会社の基準もほとんど変わりませんから、245万円に少し上乗せがある程度になるのではないでしょうか。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

後遺症は弁護士へ

21 9月

交通事故は絶えず起こっていますね。

そしてそういった交通事故に対して無くなるように、交通事故 ブログなどで紹介してこんな事故を起こさないようにすることが大事だと訴えている人も多くいます。

また交通事故で被害にあって示談交渉に納得いかない部分が多くある方なども多々いらっしゃいます。

被害に遭って後遺症が残ったなどがあった場合に、保険会社が提示する損害賠償額に泣き寝入りせずに弁護士などに相談してきっちりと裁判基準の賠償額を貰うことも重要です。

後遺症ですから、これから先もかかえていかなければならないものです。

弁護士など専門家に相談しましょう。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

将来の損害賠償

24 8月

交通事故の損害賠償はとかくトラブルなども発生しやすくなります。

相手の提示とこちら側が思う金額に差異が生じてしまうケースなどもあります。

また、損害賠償ではきちんと請求しないと相手側からの提示だけを鵜呑みにしてしまっては、漏れが発生する場合もありますが、示談に応じた段階で漏れがあとであったと言っても後の祭りです。

例えば後遺症が残って将来的にも交通事故 器具などが必要な状態になったときに、対応年数などが器具にはありますから、将来のぶんも見据えて賠償されなければなりません。

そう言った部分もきちんと対応して貰うことも大事になってきます。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

後遺障害等級

27 7月

交通事故での後遺症は後遺障害等級に認定されることで損害賠償なども算出されるようになります。

この等級は後遺障害 1級から後遺障害14級まであり、1級がもっとも後遺症の度合いが重いということになります。

1級というのは働くことも困難というよりも働ける状態ではなく、中には介護が必要な状態になることがあり、損害賠償の請求時には将来の介護費用なども含めて請求することが大事です。

また生活するために器具などが必要な場合は、器具には耐用年数がありますから、そのぶんも見据えて将来の請求を忘れないようにすることも大事です。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

交通事故の損害賠償

28 6月

交通事故というのは自分だけが被害を受ける自損事故というものがありますが、事故の多くは被害者も産まれる物損事故、人身事故があります。

これらの交通事故 損害賠償も当然発生しますが、物損事故の場合には壊れたものを修理するという形で賠償が行われて終わります。

しかし人身事故の場合にはそうはいきません。

治療の結果で、完治したとしても通院、入院期間などによって慰謝料なども発生してきます。

そして完治しない場合には後遺症ということになりますから損害賠償も多額になってくるのです。

後遺症の場合には慰謝料以外にも逸失利益という高額になりやすい賠償も発生してきます。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故

 

交通事故の病院付添

28 5月

交通事故で怪我をしたら病院で治療が必要ですが、この場合に自ら病院に行ける場合には問題がありませんがどうしても交通事故 通院付添などが必要になる場合があります。

幼児や児童といった場合には基本的に通院付添が認められていますから、無条件で付添をしたとしてそのぶんを損害として賠償して貰うことが出来ます。

付添をしているということは、そのぶん他の時間が取られているということで賠償が発生するということです。

ちなみにここで言う児童というのは、道路交通法上の児童で小学生までのことを差します。

ですから中学生以上の場合は該当しません。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 交通事故